FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

ピアノ・レッスン 第55回

(ピアノレッスンの記事は自分のための備忘録を主目的としています)

チェルニーop.823-No.38の後半。前回も書いた通り、指の回りが早いわけでもなければ、動きが複雑なわけでもない曲。ポイントは左右両手で曲のメロディが構成されていてそれをうまく繋げるところ、強弱の付け方を含めてバランス良く、少し粋なムードを出して弾けるかとうか、というところ。したがって、ただ譜面通りに音を出すだけなら難しくない。今回の課題部分もその点はクリア。あとは、強くべったりと弾いているところを、もっと力を抜いて、伸ばさずにという指導をいただく。あとは、最後の4小節の譜読みへ。

リトルピシュナ46番、左手のみの練習。ある程度イイ速度で弾けるとはいえ、ところどころスムーズさに欠ける状態に進歩がないまま、何度か繰り返してみる。手首を固定し、しっかりと音を出そうと指を残しすぎる部分があることが、その結果に結びついていることが先生のコメントからわかってきた。どこで手首を柔らかく開放して、どこで固定して、またどこで捻ってということを意識しないとこれ以上の上達が望めない感じがしています。この曲、譜面通りの音を進めることにこころを砕いて練習してきたんですが、本当のポイントは手首の使い方や指の残し方のポイントを掴むところにあることがようやく実感としてわかってきました。一旦、速度を落として、どの音階のときにどのように手首を使えば良いのか、どのように力を入れずに弾けば良いのか研究する必要がありそう。最後の3小節まで進めて、ようやく全曲通し終える。

先生がリトルピシュナの譜面を眺めて次の練習曲に指定したのが第41番で今度は右手のみの練習。最初の2小節はハ長調の白鍵だけで、ドレミファソラシドレミファソラシドと2オクターブ上がり、下がってゆくだけ。ゆっくる弾くぶんにはまったく難しくないけれど、速度が上がると返しが2度入るところの繋がりがもたつくので、ここを練習するためのパート。

「ワルツ・フォー・デビー」は、通しで弾いて表現のポイントの確認。左手のワルツのリズムを「こんな感じで強調して良いんでしょうか」と弾いてみながら尋ねる。(大方のピアノ教室の先生と同様に)先生はクラシックの方なので、クラシックならワルツの2、3拍目は弱めに弾くけれど、ジャズならそこもしっかり弾いてしまって良いと思う、とのこと。あと、一番むずかしい3音の上昇パートがどうしてもテンポを上げて弾けなくて、そこはもっと躍動感が必要なのに、音使いが複雑故に慎重に指を置く弾き方をしているので、なかなか跳ね上がって行く感じが出ていないことが先生との会話からわかってくる。それ以外に部分は、「音間違えずに良く通して弾けますね」とお褒めの言葉。あとは、この難関部を克服して、表現をもう少し磨き上げることを目指したいところです。

今回のレッスンまでの教訓
●左手返しの練習は、手首の動かし方、指の残し方の習得が真の目的であることを意識すべし。
●ジャズらしい躍動感は、思い切って感情を乗せた方がそれらしく仕上がる。

該当の記事は見つかりませんでした。