FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

ピアノ・レッスン 第51回

(ピアノレッスンの記事は自分のための備忘録を主目的としています)

チェルニー Op.599-No.17から。3度の重音が連なるこの曲、言い換えると右手の、1番+3番、2番+4番、3番+5番の組み合わせが連なる曲ということ。1番+3番 ⇔ 2番+4番の移行はさほど苦もなくできるようになった。ところが2番+4番 ⇔ 3番+5番の移行が難しい。どうしても3番+5番のときに一番自由に動いてくれない4番(薬指)が動きを妨げれしまう。この2週間練習してもスムーズにできず、曲としての格好を付けるために無理やり型を作って手首を上下させてなんとか譜面通りの音が出せるようになってはいたんだけれども、そこは当然自分でも無理やり感があることがわかっていて、結果的にそこの打鍵がマルカート(音の一つ一つをはっきりと)になっていることを先生からも指摘されてしまいました。この部分は引き続き練習しましょうということになって、次の Op.821-No.4の譜読みへ。

右手のみ、左手のみで一通り通してみると、Op.599-No.17のような指の動かし方の難しさは感じない。先生にその感想を伝えると、「そうですね。指使いは難しくないです。この曲のポイントは左手を強めにパタパタさせずに右手とうまくバランスさせるところです」と言われ、なるほど左手が強くならないように通すことがかなり難しそう。これも、ひたすら練習してがんばるしかありません。

リトルピシュナ46番、左手のみの練習。これまで進めていたのは18小節まで。ときどきミスタッチしながらも通して、弾きにくそうにしているところを先生に指摘していただく。やはり、黒鍵の間お白鍵に指をねじ込むところで、ミスタッチしやすく、運指のスムーズさを欠いてしまう。特に4番(薬指)がその黒鍵の間の白鍵のところ入るところでそれが顕著に。ここで、手首の位置、角度を動かすとスームズになるとのアドバイス。動かすと言っても手首のところではなく、肘から動かすところがポイントで、なるほど、そうしてみるとだいぶ弾きやすくなりました。このやり方を意識して更に練習を継続しましょう、というところでこの日は終了。

「ワルツ・フォー・デビー」は、いよいよ終盤へ。進めたのはたったの2小節。でも、指の動かし方が難しい。この曲全体に言えることですが、例えばベートーヴェンの曲のように法則性がなく、とにかく指の使い方のバリーエーションが多く、譜読みを進めれば進めるほど、新しい指使いが増えるところはジャズならではという感じ。残すところ最後の3小節だけながら、そこに進めないくらいなかなか頭に入ってこないんですが、あせらずゆっくりやっていこうと思います。あと、この曲は左手でずっとリズムを取り続けて行くんですが、強弱のメリハリによって全体の印象が大きく変わることも教えていただきました。

今回のレッスンまでの教訓
●フォルテでないところを強く打鍵してしまう=指が動いていないから。
●スムーズな運指のために手首の位置、角度を動かしても良い。
●左手の強弱のポイントも意識せよ。

該当の記事は見つかりませんでした。