FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

ピアノ・レッスン 第37回

(ピアノレッスンの記事は自分のための備忘録を主目的としています)

「取り組み始めてから6週間経過している「チェルニー やさしい20の練習曲」Op.262-No.1、No.2。なのに、右手も左手もまだスムーズに指が回らず、つっかえたり転んだり。」と書いた前回から2週間、今もってうまく指が回らず、つっかえたり転んだりが続いています。

ちなみに右手がメロディで左手が和音、後半は左右入れ替わるこの曲、片手のメロディだけだと結構スムーズに指が回る。もう片方の手で、リズムを合わせて同時に弾くとこれが乱れてしまう。レッスンで先生といろいろやりとりしているうちに、和音側の手を移動するときに横に水平に移動させてなぞっていることで、うまくリズムが取れず、そこに意識が行ってしまっているために、メロディ側の手の動きも悪くなっていることがわかってきました。

和音側の手を、和音を引いて次の和音に移動するときに上方向に緩やかの持ち上げて、手が中に舞うように柔らかくアクションすることで音の硬さが取れ、リズム感も取りやすくなるという指導をいただいて試してみると、すぐにスムーズに急変するとまではいかないものの、ガチガチに鍵盤を押さえることだけに注力していたときと比べると曲として滑らかになるではありませんか。メロディの手の方も、がんばろうとしすぎて強くバンバン鍵盤を叩くやり方になってしまっていて、もう少し弱く、柔らかく弾いてみるようにアドバイスをいただき、その通りやってみると、曲が別物のように上品に、大げさに言うならば格調高く聴こえるような変化が得られます。

ピアニストの映像を見ていると鍵盤から手を上げるときにフワッと上方に持ち上げているシーンをよく見かけますが、まさにアレをやってみたほうが綺麗で滑らかに弾けるようになるということです。ピアニストは何も格好つけてアクションしているわけではなく、ちゃんと意味があってやっていることが身をもってわかりました。

この2週間、とにかく指を回すことを目指して練習してきて、ちっともうまくならずに、それでも同じ思考で続けていたのは間違いで、やはり先生に指導していただくことはとても為になるものだと再認識。

このような(腕を含めた)手の所作は、並行して取り組んでいる Op.262-No.9、No.10も同様に必要で、これからは指を回すことだけでなく強弱や手や腕のアクションまでを含めての練習が必要です。あるべき姿が何かがわからずに練習を繰り返しても得られるものが少ないということを実感しました。

今日も、ほぼこの練習曲だけでレッスン時間を消費してしまい、「月光」は、前回レッスンの最後に簡単に教えてもらったエンディングのペダルの踏み方を再確認。徐々にペダルを上げて行くそのやり方は問題なく、それで良いとのこと。最後の最後の打鍵で、手を離してから少ししてペダルを離すことも教えていただき、その通りにやってみると、音の収まりがとても良くなって自分でも驚きました。曲は始まりと終わりをしっかりさせることでよる上手に聴こえるということも教えていただいて、なるほどと納得。

それでも「月光」は自分なりにある程度上手く弾けるようになり、通して弾いても格好が付いてきたのでこれで一旦修了と言える感じです。

次の課題曲「ワルツ・フォー・デビー」は、練習曲に集中して棚上げしていたので、触りの部分を少し教えていただいて本日のレッスンは修了。

今回のレッスンまでの教訓
●練習曲はどんな弾き方を求められているかを理解した上で練習すること。(繰り返し)
●キレイに指を運ぶためには腕や肘の動かし方もそれなりの方法が必要になる。(繰り返し)
●教訓で得たと思っていたことでも、具体的な方法論がわかっていないと練習しても身に付かない。

該当の記事は見つかりませんでした。