FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

ピアノ・レッスン 第37回


(ピアノレッスンの記事は自分のための備忘録を主目的としています)

今回は2週続けてのレッスン。

取り組み始めてから6週間経過している「チェルニー やさしい20の練習曲」Op.262-No.1、No.2。なのに、右手も左手もまだスムーズに指が回らず、つっかえたり転んだり。前半後半の締め部分はドレミファソレシドと上がって最後に最初のドに戻るんだけれど、後半に向かって音を徐々に強くして最後は弱く、という先生の指示通りになかなかうまく弾けない。

以前のチェルニー Op.777のときは、先生はテンポを指定せず、弾けるスピードで指が運べればOK(強弱の注意点はありましたが)、というスタンスだったのに、今回はある程度のスピードを要求している。つまり、指がしっかりと、正確に回ることが練習の主眼になっているのだとようやく気付きました。また、「ドレミファソレシドと上がって最後に最初のドに戻る」ところも、指を返してから手首を下げずに肘から右にもって行くような動かし方をすることでキレイかつスムーズに弾けるようなることも教えていただく。

ポイントに気づいたらできるようになるかといったらそう簡単ではないんだけれど、そこが目的とわかればそこに意識を集中させることができるので、頭を切り替えてまた練習しなおすとにしました。これまで6週間練習してきて、今回はこの曲だけで50分くらいずっと練習して、それでも指が回らないんだから、今の自分の力はこんなものだということです。まあ、まだピアノを始めて1年半だから当然とはいえ、4週間くらい譜面の音が取れるように漠然と練習していれば弾けるようになるというこれまで曲の考えを捨てて、何ができるようになることがポイントかを意識して練習しなくてはいけないんだと学びました。今日はこの曲だけでレッスンの時間を使い切って修了。

あとは前回「月光」最後の部分でペダルを抜くことを教えていただいた部分で、ペダルから足を離すと急に音の伸びが消えてつながりが悪くなってしまういところを相談。これは、ペダルを一気に離しているからとのことで、徐々に抜かないとそうなってしまうようです。これまでオンかオフかという踏み方しかしていなかったし、そういう踏み方しか知らなかったので自分で気づくことができませんでした。デリカシーをもってペダルを離して行く練習がまた必要です。

今回のレッスンまでの教訓
●練習曲はどんな弾き方を求められているかを理解した上で練習すること。
●キレイに指を運ぶためには腕や肘の動かし方もそれなりの方法が必要になる。
●ペダルの抜き方は、単純に一気に離すだけではなく、徐々に抜かなければいけないところもある。

該当の記事は見つかりませんでした。