FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

Squeezebox Touchのリモコン故障

リモコン201808


(左からSquuezbox Touch、Squeezebox Radio、YAMAHA WXC-50のリモコン)

他のオーディオ関係の記事で書いている通り、拙宅のオーディオは一般人には呆れるくらい(しかしマニアには大したことがない程度)のお金がかかっています。ただ、僕の過去の経験からの考えではプレーヤー(CDプレーヤーやネットワークプレーヤー)の音質差は微々たるもので、プレーヤーにはお金をかけていません。

そのプレーヤーとしてSqueezebox Touchという、お手軽な製品を2010年から愛用しています。この製品はネットワーク・プレーヤー黎明期に、オーディオ・メーカーではない米国Logitechから発売されたもので日本では発売されていなかったもの。ネットワーク・プレーヤーというカテゴリー黎明期の製品であるにもかかわらず、機能(あらゆるファイル・フォーマットに対応していて十分に良い音質でギャップレス再生できる)に不足がなかったところが、実利を求める一部オーディオ愛好家にウケていた(オーディオ・マニアは安価で軽薄な出で立ちから見向きもしなかったけど)。独自開発のサーバー・ソフトは管理しやすく、かゆいところまで手が届くコントロール・アプリ(iPeng)の完成度も高く、アフォーダブルな価格帯の製品で未だにコレに並ぶ使い勝手のネットワーク・プレーヤーは存在していないんじゃないかと思います。UltraHDソフト再生目的で購入したSONY UBP-X800はDLNAでの音楽再生機能も付いているんですが、なんと未だにギャップレス再生できない有様です。

2012年に製造中止になって、いずれ使えなくなると困るということからYAMAHA WXC-50というネットワーク・プレーヤーを導入し、MinimServerというDLNAソフトとLUMINコントロール・アプリを併用するようになったものの、それでもSqueezebox Touch+LMS(サーバーソフト)+iPeng(コントロール・アプリ)の使い勝手には及んでいない。YAMAHA環境(MinimServer+LUMINアプリ)はライブラリへのアクセスが早いこと、ライブラリ追加・変更時のスキャンが早くて正確(LMSはときどきうまく変更を反映できずに全スキャンしなくてはならないときがある)なこと、そして新しい分、Spotifyとの親和性が高いところに優位性があるものの、総合的にはSqueezebox Touchの方が未だに使いやすく、今でもメイン機として拙宅では君臨しているというわけです。

と、ほとんど手放しで褒めてきたわけですが、簡単に言うならば基本的にはお手軽なデジタル・ガジェット的なモノであり、アメリカの製品ということでもあるため、日本の工業製品では考えられないショボい部分があって、それがゴム部の作り。ゴム部は本体裏の各ポートが並んでいるところとリモコンのことで、本体裏は見えないし触れることもないからまあ気にならないんだけれど、問題はリモコンの方。利用から数年くらいでゴム部が溶けたような感じになってネバネバした状態になっていた。まるでガムテープの粘着面と化したリモコン本体は、触れると気持ちが悪いし、そのネバネバが手にも移ってしまって触るのが嫌になってしまうほど。当然、埃という埃はすべてここに付いてしまい、見た目がヒドイことになっていたのです(それが最初の写真)。リモコンは当然視界の中にあるものだし、何より手に触れる部分であるだけに、リモコン全体がベタベタに粘っているのはどんな寛大な人でも受け入れられないんじゃないかと思う。操作は基本的にiPengでできてしまうのでリモコン無しで運用できないことはないんですが、急に電話がかかってきてすぐに音楽を止めたいときななどにはリモコンの方がやはり便利です。

ある日、リモコンでSqueezebox Touchを操作しようと思ったら何も反応しなくなっているではありませんか。寝室のSqueezebox Touchで試してみてもやはり反応しない。寝室用Squeezebox Touchのリモコン(こちらはまったく使っていなかった)はと言うと電池が液漏れを起こしていて見るからに壊れている状態でリモコンが2台とも故障という事態に。予備機としてしまってあるもう1台のSqueezebox Touch(実に3台持っているのです)のリモコンだと動作するのでリモコン故障であることが確定的になってしまった。

ネットで検索してみると、Squeezeboxで利用できるより小型のリモコンが「Logitech Squeezebox Boom Remote Squeezebox Radio Internet remote control Genuine」という商品名でebayで売られているので、Touchで使えるかどうかわからなかったんだけれども、お値段が$16ということもあってダメ元で注文してみました。届いて実際に使ってみるとありがたいことにちゃんと使えました。従来品のリモコンの表面ゴム部はプラスチックに変更されており、経年劣化でベタつくこともなさそうです。これで曲の一時停止や電源オフなどはリモコンでサッとできるようになって、従来通りに使える状態が復活。テンキーが省略された小型版のリモコンであることも個人的にはうれしいところ。

ちなみに、3ヶ月前にはACアダプターの故障で電源が入らなくなって、こちらはアメリカのAmzonから転送業者経由(転送量込で$76もしたけど)で互換ACアダプターを輸入して復活、なんとこともありました。

あちこちガタがきはじめていて、まともな値段での入手が難しい本体が次には壊れるんじゃないかと不安は募りますが、Squeezebox Touchはなんとか延命できています。本体が壊れたらいよいよラズベリーパイなどを考えなくてはならないのかな、という覚悟を決めつつ、まだまだがんばってほしいものです。

該当の記事は見つかりませんでした。