FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

「Roll Call / Hank Mobley」

Roll Call201806

「Roll Call / Hank Mobley」

Freddie Hubbard (vib)
Hank Mobley (ts)
Wynton Kelly (p)
Paul Chambers (b)
Art Blakey (ds)

オールド・ジャズ愛好家が一段高いところに位置づけ、絶大な評価を受けているミュージシャンがいる。彼らは所謂ジャズ・ジャイアントと呼ばれる人たちである。

マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンス、ハービー・ハンコック、アート・ブレイキー(このあたりまではジャズ好きでなくても名前を知っている人が少なくないでしょう)、ソニー・ロリンズ、リー・モーガン、ジミー・スミスあたりが巨人中の巨人といったところでしょうか。

その時代に活躍していた中で、今ほとんど振り返られることがない、しかし偉大なミュージシャンの代表的な人としてハンク・モブレーを僕は挙げたい。(「振り返られることがない」は大げさではなく、たとえば日本語のWebサイトでモブレーのディスコグラフィを紹介しているところはほとんどない)

モブレーはハード・バップ創世記から、ジャズ・ロックやフリー・ジャズが隆盛を極めた60年代まで一線で活躍していた。それにもかかわらず、扱いが小さく、たとえば今になってモブレーを扱う書物が出版されるなんてことはまずない。理由はいくつかあると思う。

まず、テナー・サックスのプレイがゴリゴリと押しまくるスタイルでないことが最大の原因でしょう。ロリンズやコルトレーンといった大物中の大物が主流となるスタイルを作り、他にもジョニー・グリフィンやデクスター・ゴードンのようにブリブリ吹きまくる人気プレイヤーが多くいることは確かながら、テナーの吹き方はそれだけではない。アルト・サックスになるとチャーリー・パーカーのようなスタイルでない人(たとえばジジ・グライス)が、軽視されているのと同じような理由でハンク・モブレーは軽視されているように見える。

もちろん、テナーの世界にも力強いスタイルではなく、レスター・ヤングやスタン・ゲッツのようにどちらかと言えば高い音域を主に使うスムーズで軽快なスタイルで今でも人気がある人はいる。ところが、ハンク・モブレーのスタイルはそれともまた違う。テナーらしい音域で、テナーでなければならない音で、しかし、押し出しが強くないモブレーのテナーは、だから埋没してしまっているのかもしれない。

また、モブレー多くの曲を残した作曲家でもある。モダン・ジャズの王道的なスタイルで、親しみやすく、しかしちょっとフックがあって口ずさむにはコツが居るという曲が多く、ジャズの作曲家としてとても優れていることは、オリジナル曲をレコードに残すことに力を注いだブルーノートのプロデューサー、アルフレッド・ライオンが重用したことが証明している。ところが、モブレーの曲は、たとえばセロニアス・モンクやソニー・ロリンズの曲のように多くのジャズ・ミュージシャンに採り上げられることはなく、モブレーの曲を他のミュージシャンが録音したという例はほとんどないように思う(少なくとも僕が知る限りゼロ)。曲としてのスタイルが完成されすぎていて、演奏者が遊べる要素が少なかったからではないかと演奏家でもない僕は勝手に想像している。

リーダーとしてだけでなく、サイド・メンとして参加したアルバムを含め、モブレーが残した録音は強烈なインパクトがないということは、こんな記事を書いている僕も正直に認めよう。そんなモブレーの代表的なアルバムとなるとワン・ホーンでウィントン・ケリーの軽快なピアノも味わえる「Soul Station」を挙げる人が多い。しかし、モブレーのテナー・プレイヤーとしての表現とパワーが最高潮に達し、クインテット編成ジャズの醍醐味を味わえるのは間違いなく「Roll Call」である。

まず、メンツが凄い。フレディ・ハバードにウィントン・ケリー、安定のポール・チェンバース、そしてドラムがアート・ブレイキーというブルーノート人脈でも最高レベルの猛者が集まっている。猛者といえどもジャズ・ミュージシャンは押すところ、引くところをわきまえる理性が例外なく備わっているから、サイド・メンとして参加する場合には抑えることはよくあるんだけれど、このアルバムは全員、思う存分自分のプレイを放出していて、それを引き出すことができるのがモブレーの曲、音楽であると僕は強く思っている。また、「放出」とあえて書いたのは全編、テンションが高い前のめりで熱く激しい演奏で占められているからでもある。ヘナチョコなテナーと思っている人は、「えっ?じゃあモブレーは埋もれてしまうんでは?」と懸念するかもしれないけれど、いやいやそんな心配はご無用と言えるほど、対等に渡り合っている。しかもモブレーらしい歌心を忘れずに。演奏家としてのモブレーの最高の瞬間が捉えられている(テナーのパフォーマンスという点では「Workout」も互角の素晴らしさなのでこちらも合わせて聴いていただきたい)。

サイド・メンのパフォーマンスが凄いことがこのアルバムの価値を高めているのは確かである。でも、モブレーが主役だからこそ、それを引き出すことができたのだと僕は信じて疑っていない。

晩年は演奏家としての活動も辞めてしまったと言われるモブレーは、パンチがなく、薄幸のプレイヤーとして印象を抱いている人も少なくないに違いない。でも、そういう人にこそこのアルバムを聴いていただきたい。モダン・ジャズ全盛期に残された数多くのレコードの中でも屈指の名演として永遠に輝き続けるこのアルバムは、疑うことなく名盤中の名盤である。

該当の記事は見つかりませんでした。