FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

ピアノ・レッスン 第28回


旅行の都合もあり、二週続けてのレッスン。しかし、この一週間はいつにも増して激務で、前回レッスン翌日の日曜日に40分、平日は一切鍵盤に触れることができず、土曜日レッスン前に1時間くらいの練習で臨む。

というわけで、今回はこんな状況で果たしてピアノを続けて得るものがあるのか、ということも念頭に置いて書いてみます。

チェルニー Op.777 第21番は、前回に音を切るところと弱く引くところの注意点を教えてもらったので、そこに意識を集中させて弾いてみると、そこはうまく弾けているとのこと。練習時間が短くても、集中してやったところはそれなりにうまくできるようになります。しかし、曲全体のスムーズに弾く(指を滑らかに運ぶ)のは、練習不足だと難しく、フレーズの変わり目をうまくつなげることができない。それが自分でもわかっているので、次のフレーズに移ろうとするときに急ぎすぎてしまい、結果的に前のフレーズの終いを疎かにしていしまっていると先生から指摘が入る。まあ、テンポをぐっと落とせばこんなことにはなりにくいんですが、僕はある程度のテンポで弾けることを無意識で目指してしまっているので、ついつい急いだ感じになってしまうようです。

ある程度弾けるようになっていて指使いは先生としてはOKに見えたらしいんですが、やはり通して最後までスムーズに弾けるようになりたいという僕の意思を汲み取って、次回(3週間後)までに仕上げましょうということになりました。あとは、チェルニー Op.777 第22番の譜読みへ。初めて3度の装飾音符が登場し、2度の装飾音符と混在するので、譜読みからして一苦労。譜面はビジーでないのでそれほど難しくないかなと勝手に予想していたんですが、左手のワルツのリズムを規則正しく刻むところも含めて、苦戦しそうな予感がします。

ベートーヴェンの「月光は」、レッスン前の自宅練習で、全然弾けなくなっていることを確認済み。やはり5日間鍵盤に触れずにいて、脳が疲れていると弾けなくなってしまう。自宅練習である程度リカバリーしてレッスンに臨む。前回からの課題部分はほとんど練習できておらず、実質的には譜読みを進めている状況。これはレッスンが無駄です。本来は家でできることだから。とはいえ、レッスンで譜読みをすることは実は意味がなくはないです。先生は音階や理論を教えてくれるので、単に譜面を読むだけでなく、音の法則性を教えてもらうことで、覚えが早くなり、音楽理論の片鱗を学ぶこともできます。

実は、この先生の解説を加えて譜読みをして行くと、この曲の構造がとてもしっかりしていて、尚且単純ではなく、そうかと言ってわざとらしく捻っているわけでもないという曲のバランス、完成度に感心してしまう。主題の反復に入ってからも、1回めと同じ音使いと、似ているようで実はぜんぜん違う音使い・進行が入り混じって、いて一筋縄ではいかない。もちろん、ベートーヴェンが偉大なのはわかってはいたんだけど、音楽の構造がわかるとその思いが一段と強くなる。ま、こういうこともピアノを習っているからこその楽しみだと思います。

今回のレッスンの教訓
●さすがに5日間鍵盤に触れていないと初心者でも感覚が鈍ってリカバリーが大変
●練習不足のときこそ、丁寧に弾くように心がける

該当の記事は見つかりませんでした。