FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

ピアノ・レッスン 第26回


(ピアノレッスンの記事は自分のための備忘録を主目的としていますが、ご同好の方の参考になればと思って書いています)

相変わらず、仕事に追われて練習時間不足の今日このごろ。今回はこれまでにないくらい疲労を感じながらのレッスンとなってしまいました。

ちなみに、拙宅の練習機、ヤマハNU1は打鍵音が大きく、導入当初に12時過ぎまで練習していたらマンションの掲示板に「夜中に人が歩いているか物を床に落としているかのような騒音がする」と張り出されたことから、遅くとも22時には使用をやめることにして、一旦掲示は取り下げられました。それでも22時以降にも練習したいという思いがあり、打鍵音が響かないKORGの、ある意味ピアノのタッチを本気で目指していない(=打鍵音がほとんどない)電子ピアノを別途購入して、22時以降はそれで練習するようにしていたんです。

しかし、そのKORGで最近は1時過ぎうらいまで練習していたら、また同様な掲示が出てしまい、深夜の練習ができなくなってしまったため、更に練習不足になっているというわけです。恐らくクレームの主は階下の方だと思いますが、まさかKORGでも響いていたとは思いもよらず本当に申し訳ないことをしたと思っています。自分で打鍵音を確認した限りでは自室の部屋でも気にならなかったでの大丈夫だと思っていたんですが、さすがに深夜だと響いてしまうんだと思い知りました。

それはともかく、チェルニー op.777 第20番。練習をあまりできていなかったので、途中つっかえながらの進行。それでも先生は修了の判断でした。先生はつっかえずに流れて弾けることを重視しているわけではなく、ポイントとなる指使いができていれば良いようで、それゆえの合格印。前回指摘があった左手が強すぎる点を克服していたことと、右手の柔らかく、弱く弾くポイントを押さえることができていたのでOKという判断だったようです。次の第21番の譜読みとポイントを教えていただたところでこの日は終了。

「月光」は前回からまったく進んでおらず、これまで練習してきたところの再確認。譜面通りに右手の指を残すことができていなかったところを指導していただく。それから36小節目からの下降メロディの譜読み。譜読みは本当は家の練習でやっておきたかったところですが、この複雑なメロディの展開を疲れている中で覚えていくのが至難の業で、練習時間が取れない中ではどうしようもありません。

今は仕事優先で少しずつ進めるしかないところが悲しいです。

今回のレッスンの教訓
●練習曲は通してスムーズに弾けることよりも、指使いのポイントを押さえればOK(らしい)
●疲れているときは欲張らずにポイントを絞って練習するのがいいかも。

該当の記事は見つかりませんでした。