FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

ラファウ・ブレハッチ ピアノ・リサイタル 2018

ブレハッチ2018

2018年3月29日
東京オペラシティ コンサートホール

モーツァルト:ロンド イ短調 K. 511
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K. 300d
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第28番 イ長調 Op. 101
-------------------------------------------------------
シューマン:ピアノ・ソナタ 第2番 ト短調 Op. 22
ショパン:4つのマズルカ
 第14番 ト短調 Op. 24-1
 第15番 ハ長調 Op. 24-2
 第16番 変イ長調 Op. 24-3
 第17番 変ロ短調 Op. 24-4
ショパン:ポロネーズ 第6番 変イ長調 「英雄」 Op. 53
(アンコール)
ブラームス:6つの小品 Op.118 第2番 間奏曲イ長調
ショパン:前奏曲 第7番 イ長調 Op.28-7

これまで通ってきたクラシックのコンサートはオーケストラばかり。一応、ラ・フォル・ジュルネで室内楽系をいくつか聴いたことがあるくらいで、ピアノ・ソロとなると、会場が通常の音楽ホールではないそのラ・フォル・ジュルネで、エル=バシャのベートーヴェン、ピアノ・ソナタを聴いたことがある程度です。

実は僕は大層なピアノ不感症で、ピアノを聴いて魂を揺さぶられるような気持ちになったことがほとんどない。もちろん、ピアノという楽器が広いジャンルで用いられ、演奏の基礎的な扱いを受けている重要な楽器であることはわかっています。でも、ピアノで感動どころか感心したこともほとんどない。「この人なら目の前で聴いてみたい」と思うピアニストは、ごく一部だけです。

そんな僕が初めてのピアノ・リサイタルへ。理由は2つある。1つは自分でピアノを演奏するようになって、ピアノという楽器の面白さが少しわかるようになってきたこと。また、妻向けのピアノレッスンで先生がお手本で弾くショパンやモーツアルトなどを聴くと結構グッと来るものがあり、生で聴くピアノの魅力、面白さがわかるようになってきたということもあります。もう1つは、ブレハッチというピアニストに特別な何かを感じていること。

ブレハッチのCDを初めて聴いたとき、「この人は他のピアニストと違う」と率直かつ直感的に思いました。理由は自分でも説明できません。自分で感じていることを挙げるのなら、力強く明瞭で、品格があって繊細さもあり、タッチの正確さがありながら機械的な感じがなく、むしろ温もりすら感じさせる、といったところでしょうか。テクニックが素晴らしいのはもちろんのこと、(大変曖昧な表現ですが)すべての音が音楽的に紡ぎ出されるマジックのよう。

さて、コンサート当日は遅刻してモーツァルトは会場外のスピーカーで聴くことに。それでももうピアノの軽快な美しさが垣間見える。ピアノソナタ第8番が終わったところで入場。まず、会場の7割が女性であることに驚く(休憩時間の男子トイレの空いていたこと!)。隣の席の女性はハンカチを口にあてて、背もたれから大きく離れて前のめり、まさに固唾をのんで聴き入る雰囲気でした。

ベートーヴェンは手持ち音源音源のバックハウス、グルダ、バレンボイムと比較してもあまり奇をてらうことのないまっとうな演奏。それでも弱音部の繊細なタッチと美しさ、正確な表現にうっとりしてしまう。

シューマンのピアノソナタ第2番は手持ちの音源がアシュケナージのもので、比較すると冒頭で少し溜め方が違って、おっ、となる。それでも基本的な表現はベートーヴェンのときと大きくは違わない。この曲ならでは情熱的なテイストも過剰にならないバランスでやはり品位のある表現。

ショパンのマズルカは手持ち音源がルービンシュタインとの比較で、さすがに古いルービンシュタインの演奏と比べるとかなり洗練された表現で、ここはブレハッチの個性が存分に出ている感じでした。英雄ポロネーズは本人のCDと比べてやや緩い感じで演奏され、生演奏ならではの適度に力が抜けた演奏が楽しめたと思います。

アンコールでは、個人的にあまり馴染みのないブラームスに続いて、ショパン前奏曲第7番(パンシロンのあの曲)を過剰な表現を抑えたやはり親しみのある演奏でまとめていました。

全体を通して、ブレハッチに抱いていたイメージどおりの演奏で、タッチの繊細さと粒立ちの良い美音、時に音を濁らせてただ綺麗なだけで終わらせない表現の幅を堪能できたと思います。前日の睡眠時間が3時間だったにもかかわらず、眠くならなかったことを考えるとかなり惹きつけられていたことが自分でもわかります。それにしてもピアノという楽器はタッチの技術でこんなに幅広い表現ができるんだなと感心の連続という感じ。

実際に見たブレハッチは思ったより小柄で、既に32歳であるにもかかわらず、所作が少年のように礼儀正しく純粋な音楽青年という印象だったのも僕にとってはちょっと意外でした。これまでにあまり真剣に聴いてこなかったピアノの面白さ、理解がさらに深まった有意義なコンサートに満足です。

該当の記事は見つかりませんでした。