FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

ピアノ・レッスン 第22回

(ピアノレッスンの記事は自分のための備忘録を主目的としていますが、ご同好の方の参考になればと思って書いています)

この2週間はピアノを習い始めて以来、最も仕事に追われた2週間になってしまっていました。というわけで練習量はこれまでの半分以下といったところ。レッスン当日に行く前にかなり集中力を上げて最後の追い込みをするも、そんな程度で完成度が上がるわけもなく・・・。

チェルニー op.777は左手のための練習曲であるため、右手はどの指がどの鍵盤を押すか決っている固定ポジションで更に単音という決まりでここまで来ています。次の18番ではその右手に3度2音のメロディが出てくるところが鬼門。ところが前に取り組んでいた「ラ・ラ・ランド ミアとセバスチャンのテーマ」にもっと複雑で長い3度2音があったので、意外とアッサリとできてしまい、先生もOKとのこと。恐らくもっとも練習せずにクリアしてしまった曲となりました。尚、3度2音のメロディのときは2音の粒をきっちり揃えるられるのが理想ながら、ガチガチに揃えることを気にしすぎると流れが悪くなってしまう。流れていかなくなるよりは、ほどほどに揃えて流れを優先する方が良いというのが先生の見解でした(もちろん初心者の趣味で弾く場合という意味で)。

次の19番からヘ長調に変わる。馴染んできたニ長調、右手がレミ#ファソラシから変わって、ファソラ#シドになる。つまり中指(3番)のみ黒鍵から薬指(4番)のみが黒鍵に変わるということ。これだけでもう指がスムーズに動かない。更にこの19番は左手だけでベース音(という言い方でいいのかどうか不明)とメロディが入り交じる。これまでは伸ばす/切るは一番低い音(小指)とそれ以外の音に分けて考えるだけで良かったのに、伸ばす切るがもっと複雑に混じり合う。右手はついついこれまでのニ長調のように中指が黒鍵を探してしまう。また、力がもっとも入りにくい薬指が黒鍵になると、そこからやや離れることになる小指にも力が入りにくい。あまりの難しさに右手はかなりゆっくりやってなんとかなる程度、左手は超スローモーションくらいでやってもできない。これはかなり練習しないと曲の体をなさない予感がしています。

次は「月光」。前回レッスンで14小節目まで追いかけていて、ゆっくり弾いてなんとかそこまでつなげられる状態で臨むと「できてますね」と一応先生は褒めてくださる。本当は日々練習している時間がなかったんですが、12時過ぎくらいまでに食事を終えることこができた場合には20分位は鍵盤に触れるように努力してきたのでその成果でしょう(それでも練習できない日が多数あったけど)。

ちなみにこれまではチェルニーか、せいぜい4ページ程度の複雑でない曲しかやってこなかったので、練習しているうちに覚えてしまっていたものでした。ところが、目まぐるしく音階が変わって行くこの曲をビギナーが覚えるのは困難で、譜面を突き合わせながら進めざるを得ない。そうかと言って譜面を見た瞬間に音がわかるほど素早く譜読みをできるわけではない。今、譜面上のどこを進んでいるのか、ざっくりどんなオタマジャクシの並びかを把握して、あの指の動きか、という感じくらいは把握していないと進められなくなってきました。これも今後のことを考えると鍛錬して行かなくてはならないところです。

「月光」は、とりあえず先に進めず、ここまで弾けるようになってきたところの強弱、すなわち表現の領域の練習へ。ポイントは右手。5小節目で主題が出て来るところまではとても弱く、特に右手の3音目を弱くことが重要だと説明を受ける。主題が出てきてもその主題を弾く小指以外を弱く弾かないと、メロディが埋もれてしまう。また、一定ではなく多少強めに主張するところ、確実に弱く抑えなくてはならないところを教えていただく。

これは以前から感じていたところですが、チェルニーも含めて、「ここはこういう感じで弾こう」と思ってやってみたところで「もっと音を弱く抑えて」と言われ、その通りにやってみると確かに品が上がった表現になるんです。即ち、自分の感覚で思うがままに弾くと品のないバタ臭い音楽になってしまう。もちろん、楽器を習うことじたいが始めてということもあるにせよ、たぶん僕の音楽表現のセンスが洗練とは程遠くてダサいということ。まあ、もともとセンスがあるとは思っていなかったんですが、目の当たりにすると結構悲しいものがあります。

その強弱のポイントを教えていただいた後は次(15~22小節まで)に進んで一度だけなぞったところでレッスン終了。ここもこれまでと全く違うメロディと音階で構成されていて、もうこうなると暗譜はムリです。

今回の持ち帰り課題はかなり時間をかけないと難しそう。次回のレッスンまで仕事が落ち着かないと厳しそうです。

あと余談ですが、先週は土曜日の昼間のみ休むことができていたので「この時間で取り戻すしかない」とピアノに向かってみたものの、あまりの披露で一切指が回らず、頭も回らずで練習がとても非効率であることを思い知りました。本当にグッタリ疲れ果てているときには、ほとんど練習にならない。当然というか何と言うか心身共に健康でないと練習はやはりできないんだなと身を以てわかりました。

今回のレッスンの教訓
●疲労がピークに達すると、指も頭もまったく回らないので練習にならない。
●3度2音のメロディは音を揃えつつも流れ優先で。
●pp指示の中でも主張するところを抑えるところを意識する。

該当の記事は見つかりませんでした。