FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

はじめての台湾ぶらり旅行

うまく有休を確保することができたので先週から既に休暇に入っています。急に決まった休暇なので、サッと旅行先を決めて、あまり用意も下調べもせずに3泊4日で台湾に行ってきました。

台湾と言っても主に台北のみの滞在、いかにも観光地らしいというところは九份に行ったくらいで、あとは地元料理をたっぷり堪能する食い倒れの旅という趣です。

九份は、どのガイドブックでも紹介されているものの、持って行った本にはあまり詳しく行き方が書かれていなかったのでちょっと紹介。まず、瑞芳駅で降りると目の前にちょっとした広場があり、その向こうにバス停があって、九份に行けるという「788」「856」路線の案内が出ているので、そこで待つ。これ、間違いでその路線でも反対方面行きの乗り場なのです(よって帰りはここに着く)。気付かずに待っていると地元のおばちゃんが「ここは違う。交差点の向こうだよ」(たぶんそう言っていたが北京語なのでさっぱりわからない)と方向を指差して教えてくれます。九份行きはその駅前バス停の通りを左にしばらく歩いて次の信号あたりの停留所。ここから788路線に乗ってしまえば15分ほどで九份老害のバス停に到着(856路線は本数が少なそうだった)。バス停は九份派出所前でもいいんですが、ここからだといきなり急坂階段をかなり登らなくてはならないので、もうひとつ先の九份老街に行って、混み入った商店街を楽しんでから階段を降りた方が楽でしょう。尚、バスの運賃は1人15元ですが、おつりは出ないので小銭をしっかりと準備しておきましょう。あともう1点、台北からの電車ですが、特急だと席が確約されて便利ではあるものの、帰路は各駅停車で帰ってみたところ所要時間は5分しか変わらず、早めの時間帯で空いていたこともあって、各駅停車でもさほど問題ありませんでした。まあ、これは時間帯によっても違うかもしれないので、あくまでも僕の経験での話ということでご参考までに。

台湾201712-2
(駅のバス案内)

それ以外に行ったのは、關渡宮、龍山寺、行天宮のお寺神社巡り。それぞれに装飾や雰囲気が違っていてなかなか面白かったです。關渡宮は行きは駅前のバス停から23番路線のバスに乗って10分弱程度。歩いても、駅から出ている看板の矢印方向に直線的に進んでいけば20分もあれば着きそうな距離です。あまり迷わずに行けるでしょう。

台湾201712-3
(神様がたくさんいらっしゃる關渡宮)

観光はおまけみたいなもので食の堪能がメイン。とはいえ、準備時間不足のため有名店と定番メニューが中心。朝食は定番の鹹豆漿(豆乳スープ)、蛋餅(卵焼き)、揚げパン、肉まんあたり。

台湾201712-1

昼も中華で軽めの食事。おやつに胡椒餅。胡椒餅はhttps://welove.expedia.co.jp/destination/asia/taiwan/25379/などで紹介されている福州元祖胡椒餅(フーゾウユェンズーフージャオビン)というお店で、某Webサイトでは龍山時駅の1番出口から左と書いてあるんですが、記憶が確かなら3番出口を出て左が正しいはず。お値段は50元に値上がりしていましたが、パリパリに焼きあがった表面とフカフカの生地にピリッと胡椒が効いた肉餡が美味しい。特段珍しい食材を使っているとは思いませんが、日本では食べられない現地名物として押さえて損はない感じです。夜は、鼎泰豊本店、高記、金品茶楼という有名店でそれぞれ小籠包やチャーハン、担々麺や酸辣湯スープなどを食べました。それぞれに美味しくて満足で、小籠包は個人的な好みから言うと、モチモチの皮と濃厚なスープの高記の小籠包が一番美味しくいただけました。まあ、好みもありますし、安心して美味しい中華が食べられるという意味ではどの店もおすすめできます。

宿泊したオークラプレステージ台北は、アップグレードしてもらったおかげでもあるかもしれませんが、まず天井が高くて部屋が広々しています。全自動ウォシュレット、ネスプレッソも完備。海外のホテルでは繋がりにくくて認証が面倒なことも多いWi-Fiも手軽で快適、ホテルのスタッフも多くてサービスが行き届いていてもちろん日本語でOK。とにかく「足りない」と思わせるところがなにひとつない快適極まりないホテルでした。しかもお値段もリーズナブル。国内の高級ホテルを含めてここまで気持ちよく過ごせるホテルはなかなかないと言ってしまって良いレベル。しかもロケーションは超便利なところで、食事どころも周囲にたくさんあります。アジア系の旅行はそれほど積極的でない、ホテルの評価が厳しい妻が「このホテルに泊まるためにまた来てもいいかも」と言ったほど。ついでに言うとThe Nineというホテル内の店で売られているパイナップルケーキがまた美味しい。トラディショナルなスタイルと言われる郭元益のパイナップルケーキも素朴で美味しいんですが、The Nineのフルーティな餡と上品な生地は絶品で、おしゃれなパッケージも含めておみやげに買っていっても喜ばれること請け合いです。

あと台湾は、とても治安が良く、安心して街歩きができるところも良いですね。そこそこいろんな国の歳で地下鉄に乗っていますが、爆睡している人を何人も見かけた街は台北が初めてでした。それだけ安全ということなんだと思います。観光地周辺で迷っていると誰かが声をかけて教えてくれる地元の人の親切さ(北京語なので何を言っているのかさっぱりわからないけど)、地下鉄で高齢の人を見かけると我先に席を譲ろうとする優しさにも心温まるものがあります。

海外旅行というと、治安の良い日本の感覚と違ってどうしても気構えないといけないものですが、台北は気軽に観光ができて、安くて美味しいものが食べられて(有名店なら日本語メニューがほぼある)、リーズナブルなのに素晴らしいホテルがあります。飛行時間も短いし、気軽に短期の海外旅行に行くには申し分のないところでかなり気に入りました。またリフレッシュしたいときには行ってみようと思います。4日で3キロ弱も体重が増えてしまう罠だけには気をつけなくちゃいけませんが。

該当の記事は見つかりませんでした。