FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

ハワイで結婚7周年を祝う

今年の結婚記念日はホノルルで迎えました。

僕はそれほど海外旅行経験が豊富というわけではなく、行くとしたら何かしら目的のイベントを目指しての旅行。目的とは、競馬や野球を観ることだったり、クラシックのコンサートやジャズのライヴに行くことだったり、美術館巡りだったり、というもの。観たいものが明確にある場合、旅行の満足度はとても高くて充実感に満たされるということもあって、基本的には明確な目的を持っていない旅行というものはしません。ただボーっとするだけの目的でプーケットに行ったのが唯一の例外で、今回の旅行はそれ以来の呆ける目的の旅行でした。

従って、ベタな観光と食の楽しみ、ショッピングの楽しみ、そして好天と心地よい気候を味わいに行くためだけの旅行。ぶっちゃけ、ハワイなんて能天気なところに行くくらいなら、いろいろな文化的な楽しみがある欧米の都市に行った方が遥かに楽しいと思っていたんですが、年齢的にそういう旅も悪くないかなと思うようになってきたということですね。

ホテルはトランプ・インターナショナルのデラックス・オーシャンビュー。

ハワイ2017-01

事前にできるだけ上の階で見晴らしの良い部屋をと言っておいたこともあってか18階の素晴らしい眺めの部屋に。いやー、リゾート気分全開です。部屋の広さは十分だし、一般的に古いところが多いとされているワイキキのホテルの中ではファシリティも新しく、ウォシュレットも付いているし、シャワーのお湯の出も良好だし、と不満がありません。また、ホテルのWi-Fiというと接続が不安定で遅いのが半ば当たり前というのがこれまでの経験則ですが、このホテルのWi-Fiは安定しているところも特筆できます。スタッフの対応も良く、値段相応の満足度は得られると思います。

ベタな観光は、ダイヤモンドヘッドの日の出から。ここは駐車場が午前6時に開くため、それまで待たされるわけですが、この時期だとその15分くらい前から日が登り始め、上まで登ったことにはもうだいぶ日が昇っている感じです。5時起きのわりには日の出を見たというよりは早朝の景色を見に行った感じ。事前に何も情報を調べていなかったこともあって、上り下りの往復約50分は思ったより大変でした。とはいえ息が切れるというほどではありませんが。昼間に登るよりは暑くないところがこの時間帯の良さなのかも。

その他にはワイキキ・トロリーのブルーラインで東海岸沿いのドライブは、景色の良さと風の気持ちよさで開放的な気分を満喫しました。

ハワイ2017-02

ボーっとしつつ気分良くなるにはお勧めのラインです。ガイドは英語ですが、言っていることはなんとなくわかるし、停止箇所の出発時間は一応日本語で言ってくれるので、どうしても英語は勘弁してくれという人でもない限り安心して利用できると思います。一方。次の日に乗ったレッドラインは街中巡回で、こちらはホノルル内地の雰囲気を味わう趣向。出雲大社で降りてチャイナタウンまで歩きましたがこのあたりはワイキキと違って少し雰囲気が悪く、滞在中、唯一気を引き締めた時間でした。

始めてホノルルを訪れて雰囲気を知るにはそれぞれ良いツアーだったと思います。時間もブルーラインで2時間半、レッドラインで1時間半とコンパクトで、1日中拘束されない気軽さを望む人向けです。

あとはどうしてもショッピングになってしまいますね。

ハワイ2017-04

アラモアナのラコステで、Made In France は日本で売っていないし、全米でも10店舗でしか扱っていないとか、ローランギャロス仕様も日本で売っていないし先週入荷したばかり、とかのセールストークを繰り出されるとつい買ってしまいます。今回は服は買わないつもりだったのに・・・

食事は、普通のアメリカン飯が基本でしたが、ハレクラニのオーキッドで朝食(バナナ・パンケーキ)とモアナ・サーフライダーのザ・ベランダでエッグ・ベネディクトをいただいたあたりがちょっと贅沢したところ。あとはトランプの1階にあるBLTステーキで結婚記念日当日のディナー。

ハワイ2017-03

Tボーンをオーダーして、1ヶ月前に食したウルフギャング・ステーキとの食べ比べとなりましたが、レベル的には同等ですね。BLTは肉の味付けが薄めで、付け合せのソースかにんにくの塊を乗せて食べるスタイルのようで、それぞれとても美味しかった。特ににんにくをたっぷり乗せたステーキの美味しさは堪らなかったです。翌日の口臭がきっと凄かったんじゃないかと思いますが(苦笑)。

というわけで3泊5日のリゾート気分を満喫できました。街に出ても7割方日本語が通じるし、ワイキキにいる限りは気分が緩みまくっていても問題なさそうで、ぶっちゃけあまり外国にいる緊張感がなかったですね。でも、その気楽さがワイキキの良さということがわかりました。歴史的遺産や文化的体験を味わう旅行はそれはそれでもちろん楽しいんですが、こういう完全スイッチオフのリラックスしたリゾート旅行もまた良いものです。

該当の記事は見つかりませんでした。