FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

引っ越し - 私的マンションの選び方

キャナルファースト201807

海浜幕張のベイタウンに住んで18年。独身時代に買ったそのマンションを去り、都内に引っ越しました。

ちなみに、海浜幕張は駅周辺をはじめ、住んでいたベイタウン内などと合わせてほとんどの生活を完結できる(アウトレットもあって飲食店も多種多様)素晴らしく住み心地の良いところで、クルマで移動できればイオンモール(巡回バスもある)や、少し足を伸ばせばららぽーと、IKEAなども近いという環境で衣・食・住のアタマ2つの充実ぶりは関東の中でも有数だったんじゃないかと勝手に思っていますが、一般の認知度は低いです。住みたい街ランキングで上位に名前が出てきた、なんて話も聞いたことがありません。

一般の方のイメージとして幕張は「遠い」というのがあるようです。実際、東京駅はまだしも、青山、渋谷方面、新宿方面まで行くには1時間以上を見ておく必要があります。恐らくこの「遠い」がイメージの良さに結びつかない原因なのではなかと思っています。

ベイタウンの街並みを初めて見た人は「まるで外国みたい」と言うことが多く、もちろん電柱が表に出ているなんてこともなく、綺麗な街並みに心を奪われる人も多いようです(人工的すぎてつまらないという人もいましたが)。

そんなベイタウンが大好きだったのですが、妻は独身時代には狭くても良いからと山手線内に居を構えていて、今では仕事(個人事業)で行き先がお台場や銀座に、プライベートでも飯田橋あたりに行くことが多いこともあって都内への転居を熱望していました。僕は都内へのこだわりはなかったものの、どういうわけか転職先の会社が新宿近辺であることが多く、京葉線は朝の時間帯には快速を運行していないこともあって通勤に1時間半近く要することが辛くなってきたために都内で手の届く範囲のマンションを探していました。便利になるということはその分高価になるわけですが、そもそも幕張ベイタウンの部屋の85平米というのは2人暮らしには広すぎるので、狭くして価格を抑える戦法に出たわけです。

その昔、ベイタウンのマンションを購入する際、やはりそれなりにマンションの研究をしました。その研究の結果、僕がマンションに求める条件がいくつか固まったわけですが、それは、

[1] プライバシーが確保されているか
[2] 日当たりを過剰に優先していないか
[3] 部屋の空間が広く設計されているか

です。

[1]はすべての部屋で他人の目を気にせず窓を開けて(レースのカーテンを閉めておけば外のことが気にならずに)生活できること。[2]は日当たり優先にした物件はほぼ例外なく「田の字」プラン(後述)の間取りであること。[3]は頭上空間まで配慮した作りになっていること。特に[3]は間取り図ではわかりにくいところです。

実は、最近の新築マンションは所謂「田の字」の間取りがほとんどです。廊下があって家の間口の中央に玄関、入って左右に寝室を配置し、廊下を奥に入るとリビングと洋室か和室がもうひとつという、よくあるあの間取り。実はこの間取り、土地面積を有効に確保しつつ、できるだけ南向きに住戸を揃える手法としては、もっとも効率が良い、即ちもっともコストがかからない間取りです。つまり、最近のマンションは建物の基本構造を中心にコストをかけていないということ。デメリットとしては、廊下側の洋室にはプライバシーがないことが挙げられます。廊下を他人が行き来するので窓を開けっ放しにできないわけです。しかも防犯の観点から鉄格子が装備されます。これ、僕的には許せないんです。だってリビング以外の部屋は好きなときに窓を開けることもできず、まるで牢屋のように鉄格子が付けられているだなんてとても人が住むところとは思えません(あくまでも個人的な意見です)。

住んでいた幕張ベイタウンのマンションは、18年前に建築された物件で、その頃は既存のマンション(田の字プラン)の概念を超えた価値を生み出そうという物件が結構ありました。そのベイタウンの物件は、廊下を廃して2戸1でエレベーターを配備、すべての部屋を両面バルコニーにしてプライバシーを確保していました。また、梁が室内にほとんどなく、天井高247センチでも頭上空間が広々としているところも、快適な住環境に配慮した設計だったと言えます。部屋の構造はリフォームで変えられないので、実はこれらのポイントはとても重要なんですが、「マンションなんてこんなもんだ」と田の字プランで当たり前だと思っている人は少なくなく、梁を気にしている人も少ないです(売却するベイタウンの部屋を見学しにきた方の中には「梁ってなんですか」と言う人もいた)。

そんな条件にこだわっていると納得できる物件というのは少なく、ようやく見つけたのが東雲にある某タワーマンション。タワーマンションは良く言われている通り、いろいろデメリットがあって個人的にはあまり好きではないんですが、廊下側に窓がない場合が多く、プライバシーの面で安心できます。ただし、購入した物件はタワーの中が吹き抜けで廊下があってほとんどの部屋で廊下側の部屋は鉄格子付きという、僕からしてみると不思議な構造になっています。拙宅の部屋は角部屋のため廊下に面した窓がなかったことが決め手になりました。駐車場が地下にあってクルマが汚れない、その割には料金がそれほど高くないこともクルマ保護の観点で喜ばしく、その点でも納得できる物件でした。ただし、部屋の構造はイマイチで、特にリビングの梁の多さ、侵食量の大きさには閉口させられます。窓の高さも梁のせいで低く、カーテンを開けても開放感があまりありません。部屋の空間にはあまりコストをかけていないことがわかります。

最寄りの駅は有楽町線の辰巳駅。このあたりでタワーマンションと言うと豊洲をイメージされる方も少なくないと思いますが、豊洲は高くて手が出ません。ひと駅違うだけでぐっと値段が下がるのがこの東雲界隈のマンション群。ここは結構穴場だと個人的には思っているんですが、値段が下がるのにはそれなりの理由があります。東雲のマンション周辺にも大きなイオンがあり、コンビニも近くにあり、生活に不便を感じるところはありません。一方で、ネットで調べている限りだと、美味しいレストラン、などはあまりないようで、夕食時に電車で帰ってきたときにちょっと美味しいものを食べたいと思ったときに選択肢が少なそう。豊洲だとららぽーとがあり、その他にも店がたくさんありそうなので、そういった環境の違いが不動産価値の違いとなって現れているようです。ま、このへんはもう少し研究してお店探しをしてみようと思います。

それにしても狭い部屋への引っ越しは大変です。かなり断捨離しましたが未だに荷物が収まり切っていません。あと、酷暑の引っ越しは地獄でした・・・

ピアノ・レッスン 第31回

(ピアノレッスンの記事は自分のための備忘録を主目的としています)

今回は2週続けてのレッスン。この1週間は4日(各日45分程度)練習できたので練習量はまずまず。

とはいえ、1週間しかなかったのでチェルニー Op.777 第23番は最初の8小節まで。この曲はMolto Allegro(非常に速く)のテンポ指定で、右手は3度2音の4分音符をスタッカートでテキパキを進めなくてはならない。うまくできるようになったと思っていたら、「4つ目のソ#シがファ#シになってますよ」と間違いの指摘。ここは左手が1番と4番から1番と5番の指使い、即ち薬指から小指に広がるタイミングで、それに合わせて右手も広げてしまい、ソがファになってしまっていて、それに気づいていませんでした。一度変な癖がつくと直すのが難しいもので、レッスンの場で修正するのも一苦労。一旦テンポを落としてなんとか修復したものの、すぐにまた戻ってしまう。

9小節目以降は右手はスタッカートとスラーが組み合わされ、右手は普通に4分音符。つまり、左右の手で音符を切る伸ばすが異なり、右手はスタッカートとスラーを切り替えなくてはならない。縦の線がズレてわけではないのに、左右の手の音符がバラバラというこれまでにない奏法を要求される。これが難しい。ここはかなり練習をしないといけなさそうです。残りの8小節は最初の8小節と同じで、曲も短いのでそれほど難しくないかな、と取り組む前には思っていたんですが、以外と難物であることがわかりました。

ちなみに譜読みをして、少し弾いてみて、自分にとってどのくらい難しそうかがわかるようになってきたのは、ピアノを習い始めて1年と2ヶ月で身に付いたもので、少しピアノのことがわかってきたかなと実感する部分ではあります。

ベートーヴェン「月光」第1楽章はいよいよフィナーレへ。この曲、右手は基本的に3音ずつ流れている(その代わり音階のバリエーションが実に多彩)ので、音の組み合わせさえ覚えれば譜面通りに音を取るのはそれほど難しくない。中間で上昇下降の展開部があり、初心者にはハードルが高いんすが、左手は同じ音(#ソの1オクターブ2音だけ)なので、右手に集中することができる。だから右手を体で覚えてしまえばなんとかなります。ところが最後の部分は左手で主旋律を弾かなくてはならなず、一部縦の線が揃っていないという難所。家での練習では左右同時進行はとてもじゃないけど無理で、右手だけ練習してきました。レッスンでも「ここ左手まだ無理です」と右手だけで進めると先生が「でも左手もできそうだからやってみましょう」ということで合わせてやってみる。もちろん簡単なはずはなく、でもどの音とどの音のところで縦の線を合わせてというポイントを教えてくれるので、ギリギリなんとか形になる。ここでレッスン修了。先生にこの部分をものすごくゆっくり弾いてもらい、ビデオ録画して、次回レッスンまでの課題となりました。

第1楽章もほぼ終わりに近づきつつあるところまで来て、「でも本当に(まだピアノ習い始めて1年強なのに)音もはずさずに弾けてすごいですね。譜読みで嫌気が差しちゃってもおかしくないのに」と言われました。ええ、先生ができるっていうからこの曲に取り組んだのに~、と内心思いつつも褒めていただいているので悪い気はしません。譜面通りに音をなぞれるようになるのは、それを目指すのは当たり前だと思っている僕としては、他の大人のレッスン受講者はどんなふうなんだろうと変なところに興味をそそられます。僕は音楽センスがあるとはまったく思っていないし、先生もそういう観点で褒めてくれることはないんですが、曲を弾けるようになりたいという熱意だけは人一倍持っているらしいです。

ちなみに、今はスマホで簡単にビデオを録画できるので、先生に弾いてもらって後で確認できるのはとても便利です。昔は動画録画はなかったわけで、みなさんどうやって練習していたんだろうと思ってしまいます。

僕の場合、録画したビデオは、まずは見ずに家で練習して、行き詰まったときに参考にするという使い方をしています。基本は譜面から読み取って弾けるように練習しているわけです。おかげで譜面を読むスピードはピアノを始めたころに比べるとだいぶ早くなったと思います。あと、自分でうまく弾けるようになったなと思えるようになったときにもビデオを見直します。そうすることで、音を間違えていたときや、合っていても表現がまずいところに気づくことができます。僕の場合、ビデオはピアノ習得に欠かせないです。

今回のレッスンまでの教訓
●早いテンポの曲は間違いに気づきにくいこともあるのであせらずゆっくり弾くところから始める
●同じく早いテンポの曲で右手と左手のリズムの取り方がバラバラな曲は、やはりあせらずゆっくり弾くところから始める
●右手と左手の同時進行が難しいところは遠慮なく先生にポイントを教えてもらった方が理解がずっと早い。

該当の記事は見つかりませんでした。