FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

ジョー・ヘンダーソン 「In 'n Out」

In 'n Out

In 'N Out / Joe Henderson

一時期、ユニクロの企画でブルーノートのジャケットが何枚かTシャツ化されていた。

「Something Else」「The Sidewinder」「Cool Struttin'」という定番に混じってグラント・グリーンの「Talking About」、ジャッキー・マクリーンの「Let Freedom Ring」などのやや渋いものも取り上げていて、このアルバムもそんな「ふうん、これを選ぶか」の中の1枚だった。

ジョー・ヘンダーソンは今となってはあまり取り上げられることが少ないジャズ・ミュージシャンなのではないかと思う。アルト・サックスが、チャーリー・パーカー以降、モダン・ジャズでは割と小粒な人が多いのに対して、テナーは激戦区。元々トランペットと音域での相性もいいのでクインテットを組んでもバランスが取りやすいという有利さもある。

とりわけ、ソニー・ロリンズ、ジョン・コルトレーンという巨人と同時代にいた人は分が悪い。でも、ロリンズやコルトレーンだけがジャスじゃあない。次点の筆頭にいるジョー・ヘンダーソンは、その2人ほどではないにしても十分に優れたテナー奏者であり、しかしその2人ほどでないが故に存在感が薄いような気がする。少なくとも偉大なミュージシャンという目で見られることはあまりない。

確かにロリンズのように泉の如くフレーズが次々に湧き出てくるわけでもなく、コルトレーンほど深遠な精神性を持った音楽を作ったわけでもない。でも、こんなに優れたテナー奏者はそうはいないとすら僕は思っている。

ストレートで力強いフレーズ、メロディアスで柔らかい演奏だけでなくアヴァンギャルドなものまで難なくこなす柔軟性と器用さ。

中でもこのアルバムは、絶妙な相性を見せたケニー・ドーハムとの事実上双頭コンボで、支えるリズム・セクションはコルトレーン縁の強力な実力者たち。スピード感、キレはもちろん、エルヴィン・ジョーンズとリチャード・デイヴィスにる骨太のリズム感は黒人ならではのもの。マッコイ・タイナーの流暢なピアノも洗練されたムード作りを支えている。

そして何といっても、ヘンダーソンの堂々としたテナーとそれに絡むヒョロヒョロしたドーハムとの組み合わせが唯一無二の個性を生み出す。

ブルーノートのお作法に則り、全曲ドーハムとヘンダーソンによるオリジナル書き下ろしとはいえ、ジャズとして特別新しいことをしているかと訊かれるとそこまでのものではない。でも、ハードバップではまだ青臭いところもあったジャズという音楽がこの時代になって完全に成熟したことを示す完成度であることは間違いない。

曲の良さ、演奏のレベルの高さとスリル、録音、トータルの完成度と、これからジャズを聴いてみたいという人に「これがジャズってもんだよ」と自信を持って勧められる素晴らしいアルバム。ヘンダーソンのワンホーンで聴いてみたいという人は「Inner Urge」をどうぞ。

ミヒャエル・ザンデルリンク指揮 ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団

ドレスデン・フィル

2013年6月25日、サントリーホールにてミヒャエル・ザンデルリンク指揮 ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団のベートーヴェン交響曲第7番、ブラームス交響曲第1番という、世間で「のだめプログラム」と呼ばれていた演目。

ミヒャエルはクルト・ザンデルリンクの三男で、パンフレットでは「飛びっきりの俊英」と紹介されている。「俊英」とは広辞苑によると「すぐれてひいでていること。また、その人」という意味なんだけれど、ベテランや大御所を形容する言葉としてはあまり使われていない。ここでも「期待の若手」というニュアンスが強い感じがする。そのミヒャエルは僕と同じ67年生まれで、それでいて期待の若手呼ばわりされるのが指揮者の世界。なにせ80歳を過ぎても一線級として活躍している人がいるんですから(マゼールのこと)。

ドレスデン・フィルはなかなかの歴史があるものの、目立った録音や活動があるわけではなく、恐らく楽団員は地元の人がほとんどと想像される地域に根付いたオーケストラのようで、国際化している有名楽団よりも格下ながら、いやそれ故にドイツ的なものが期待できる。

指揮者、オケ共にネームヴァリューが低いこともあってチケット代は至ってリーズナブルで、売れ行きが良くないのか直前になって更に2500円引きで売られ始めていたほどクラシック・ファンの注目度は低そうだったんだけれど、この日は9割がた席は埋まっていた。

さて、クラシックを真面目に聴き始めてからは4月のミュンヘン・フィル、5月のラ・フォル・ジュルネ(仏オケ2つと読響)に続くコンサート。結論から言うと素晴らしいコンサートで非常に楽しめた。

最初はベートーヴェンの7番。ヴァイオリンを左右両翼配置にしたレイアウトは始めての体験。この7番は第1ヴァイオリンと第2ヴァイオリンの役割分担が結構ハッキリしていて、両翼配置の効果が良く出ていたように思う。また、CDで聴いているときはあまり気付いていなかったんだけれど、ヴァイオリン以外の各楽器の役割分担もハッキリしていて、生で見ているとそれぞれのパートの役割が良く見えて、オーケストレーションの構成をより理解できるところが面白かった。演奏は、貫禄タップリとまではいかないものの、しっかり地に足がついたもので、まとまりがあり、指揮者の統制がしっかりと利いている印象。弦の音は優雅は言い過ぎにしても十分に美しく、見せ場の多い木管、金管も安定しているように感じた。明るく爽やかでメリハリがあって若々しく、第4楽章のスピード感はなかなかの見せ場だった。

ブラームスの1番になると、ヴァイオリンを含めオーソドックスな配置に変更。2曲とも見せ場が多い大事なパートのオーボエ奏者が交代、コンマスはコンミスに交代、編成も増えてより重厚な音に変貌。曲の変化でここまでサウンドが変わってくるのは初めての経験。ベートーヴェンと比べるとオケの楽器の使い方がまるで違うことがとてもよくわかる。乱暴な言い方をすると、パートごとの構成を積み重ねて曲を紡いでいたベートーヴェンに対し、オケ全体で大きな音の塊を構築するブラームスという感じ。ちなみに何方かのツイッターによるとベートーヴェンの7番は「両翼配置、ほぼノンビブラート、古楽ティンパニ(ブラ1では違うセット)を使用した古楽的アプローチ」だったそうで、ブラームスとオケの響きがだいぶ違っていたのはその影響が大きかったのかもしれない。


個人的に、ブラームスの交響曲が大好きなので、良い演奏を生で観れたことだけでとても豊かな気分になれたし、特に第4楽章のドラマチックなエンディングは大いに感情を昂ぶらせてもらった。曲が良いこともあるとはいえ、演奏がしっかりしていなければここまで心を動かされることもなかったでしょう。第2楽章のヴァイオリン・ソロの音色の美しさは特筆ものだった。

アンコールのハンガリー舞曲5番は、テンポをかなり大げさに揺り動かして遊び心たっぷり。こういうバランス感覚も良かった。この曲は意外と生で聴く機会は少ないのかも?

終わって思ったのは、ベルリン・フィルやウィーン・フィルの演奏を聴いたらどのくらい違うんだろう?ということ。十分満足できた今日のコンサートに、どのくらいの上積みがあるんだろうか?もちろん違いがあるのは間違いないでしょう。でも、それは倍以上のチケット代の差があるほど違うのかどうか興味があるところ。

ネットの書き込みを見ていると、クラシックの聴き手もブランド至上主義に見える人が少なくないように思える。そういう人から見たらドレスデン・フィルなんて見向きもされないに違いない。有名でなくても今日のように素晴らしい演奏を聴かせるオーケストラを僕はどんどん観に行きたい。

11月のヤンソンス&コンセルトヘボウは、その超一流オケでチャイコフスキーの5番を一度生で聴いてみたくて買ってしまいましたが・・・


「別離」

別離

人間誰しも、自分を立派に見せようとしたり、正当化しようとしたりして、嘘や隠し事をしたり事を大げさに誇張したりした経験があるはずだ。大人になって自己防衛が働くということではなく、子供のときからそういうものを持っているのが人間であり、ある意味本能なのかもしれない。

ところが、ひとたび争いごとになったときにこういう人の汚くて弱い部分をみんながみんなで出してしまうと、こういうややこしいことになるという典型的な話がこの映画。

そういう意味で、この映画実に人間そのものを描写したと言えるんじゃないだろうか。

これがまた、嘘をつくと子供にまで天罰が下ると教えられているイスラム教徒の世界で繰り広げられる話なのだから根が深いと思える。

そんな一見、自己保身に走るずるい人たちばかりが集まっての騒動に見えつつ、それぞれに精神的に疲れている部分もしっかりと描かれている。

騒ぎの中心にいるナデルは認知症の父の介護に疲れ、妊婦は厳しい家政婦の仕事に加えてやってもいない泥棒の疑いをかけられ、その亭主は元来の気性に問題があるとはいえ定職にありつけず、それぞれに不満とストレスがたまっている。精神的に弱っているとき、人間というのはなかなか道徳的な態度を取れないものだ。

嘘は悪循環を生み、嘘を嘘で上塗りする。みんな内心は「やばい」「これは良くない」と思いつつ、どんどん流されていってしまう。その過程の筋書きの巧さ、表現の仕方がまた絶妙で、観ている方は登場人物それぞれに「あー、ダメだよそれは」と突っ込みを入れつつ「でも、これって日常でもあり得る話だよなあ」と深く感じ入ってしまう。

また、この映画の混乱を生み出すシチュエーションがとてもよく計算されていて、例えば家のドアと階段の配置の絶妙さによって、その場にいなかった人にとってはどちらの言い分が正しいのか判断ができないように巧妙にできている。また、観ている人には大方の事実を見せていて、どちらが小さな嘘をついているのかを知りながら人物を見定めることができる構成も見事。そして伏せられていた事実を明かすタイミングも絶妙。

閉じられた狭い世界での出来事が、登場人物の言動でどう転ぶかと思っていると画面に釘付けになり、一瞬たりとも目が離せなくなるほど見せ方が巧い。

僕は嘘をつくことができない性格の持ち主である。別にいい人ぶるつもりはない。嘘をつくとそれを取り繕う労力も相当なものになるし、丸く収まったとしても気持ちが悪いからそういうことをしない。嘘をつけるのにつかない人が本当にいい人であって、僕は不器用で面倒だから嘘をつかないようにしているだけの話なわけです。

そんな僕にだって当然、この映画に出ている人のような感情を持っていないわけではない。でもやっぱり、それをやってしまうと後味がよろしくないので、どこかできっと折れてしまうでしょう。

やっぱり、自分を守るために嘘や誇張をするのはやめた方が自分のためだと改めて思った次第です。

そんなこんなで久しぶりに見応えたっぷりの映画でした。各種映画賞を多数受賞しているのも納得。


スコーピオンズ 「In Trance」

In Trance

In Teance/Scorpions
Virgin Killer/Scorpions
Taken By Force/Scorpions

今から31年前、岐阜県境に近い愛知県に住んでいた田舎の中学3年生が僕だった。周囲で音楽好きを自認する人たちが聴いていたのはオフコースや、まだ一人称が「僕」だったころの長渕剛などだった。僕は今となっては恥ずかしいまでのロマンチックフォークの雅夢がものすごく好きだった(余談ながら彼らの1stアルバムの1曲目「冬京」のイントロがラフマニノフのピアノ協奏曲2番第2楽章そのままだと知ったときには編曲家、青木望が小さく見えたものだ)。

受験シーズンの夏休みという時期に千葉県浦安市の新興住宅街に引っ越した僕は、都会の文化にいろいろとカルチャーショックを受けていた。なにせ制服がブレザーだったのには田舎育ちの僕には随分ハイカラに思えた。

転入したクラス、いや学年(4クラスしかなかった)の男の子たちは、オフコースなどの日本の音楽なんて軟弱と軽蔑し、Rainbow、Kiss、Iron Maiden、Saxonなどのハードロック/ヘヴィ・メタルを聴いていた。英語の歌にすら馴染みがなかったのにノイジーなハードロックは田舎中学生にはずいぶん進んだ音楽に聴こえたのと同時に、背伸びしたい年頃には魅力的に映った。

クラスメイトの一人に紹介してもらったグループのひとつがスコーピオンズ。ハイトーン・ヴォイスに湿り気たっぷりのヘヴィ・サウンド、演歌に通じる哀愁のメロディは実にわかりやすかった。特に70年代のアルバムにその特徴が濃厚に出ていた。

ほどなくクイーンにハマり、レッド・ツェッペリンやプログレ系に走っていたためにスコーピオンズを追求することはなかったんだけれど、中学3年生のときに毎日のように聴いていた。

そんな30年前の音楽に急に触れたくなって、齢45にしてスコーピオンズをもう一度聴いてみたくなった。探してみると「In Trance」「Virgin Killer」「Taken By Force」「Lovedrive」などをYouTubeで聴ける。

いやー、中学生当時には音楽のことなんてまるでわかっていなかったけど改めて聴いてみるといろいろ気付くことがある。

まず、曲がよくできていること。コンパクトで展開もこなれている。メロディアスで押す所、引く所もよくわきまえていて実に完成度が高い。演奏もテクニックが特に素晴らしいということではないけれど、まとまりが良くて手堅くまとまっている。曲調もバラエティに富んでいてよく考えて作られていることがわかる。そして「In Trance」「「Virgin Killer」「Taken By Force」については何よりもウリ・ロートの個性が抜きん出ていて素晴らしい。

中学生のころはジミ・ヘンドリクスなんてまったく知らなかったのでウリのルーツを知らずに聴いていたわけだけれど、今聴いてみるとウリはジミの影響を受けすぎな感じすらする。でもウリは黒人的要素がほとんどなくて、ただの変態になっているところが面白い。

あと、この頃のスコーピオンズはベースがイイ。フランシス・ブッフホルツはシンプルでありながらボトムを支え、ウネリを生み出すヘヴィ・メタル系ベースのひとつの手本と言っていいプレイを聴かせていると思う。

スコーピオンズは「Blackout」からグルーバル化していくんだけれど、やっぱりウリ在籍時がイイ。この際、かなり垢抜けていないのも胸を張っていいレベルの持ち味と言い切ってしまおう。

しかし、30年ぶりに聴いていろいろな発見があるっていうのもなかなかいいもんですねえ。昔のヘヴィ・メタルは今と違って味があって楽しい。

iPhone vs ARROWS A

2009年の秋に初のスマホとしてiPhone 3GSを使い始めて以来、iPhone 4、iPhone5と使い続けている。

使い始めこそ、ガラケーとのお作法の違いに戸惑ったものの、もともとワンセグやおサイフケータイ機能を使っていなかったので慣れてしまえば何の不便もなく、そして楽しく使ってきた。

Androidにも興味はありつつ、あえて乗り換えるほどの魅力は感じず、このまま縁遠く過ごすつもりでいたところ、会社の携帯の機種変更でFujitsuのARROWS A(SoftBank)を使うことになった。

IOSとAndroidの比較についてはいろいろなところで語られているので、両者に関心がある人にはそれぞれの利点/欠点は既に周知のところでしょう。

両方使ってみるようになると、それとは違ったユーザーインターフェイスの点で両者には大きな隔たりを感じたのでちょっと書いてみようと思う。(尚、ARROWS AはLTEに対応していない少し古いモデルなので性能などについての比較はフェアではないということもあって、ここでは触れません)

先に結論を言ってしまうと、iPhoneでは当たり前だと思っていたことがARROWSでは実現できておらず、触れて操作をするという観点では圧倒的にiPhoneの方が優れていると思う。

【1】誤操作への耐性(その1)
スクリーンロックを外して何気に握ってみる。下の写真のように少し深めに握ったときにARROWSはアイコンに触れて長押ししていると判断されてしまうときがある。気がつくとアイコンの位置がずれてしまっていたことも1度や2度ではない。

Arrows

iPhoneではどんなに深く握ってもそのようなことは起きず、握り方を意識する必要がない。(不自然なほど指を回り込ませればそうなりますが)


【2】誤操作への耐性(その2)
iPhoneでスクリーンロックをかけたいときには上部にあるボタンを押す。ARROWSはそのボタンが、iPhoneと同じ位置にある音量調整ボタンと並んだ位置に配置されている。だから何気なく押そうと思ったときに間違えて音量調整ボタンを押してしまう。慣れればいいのかもしれないけれど常にどのボタンを意識しなくてはならず、直感的とは言えない。他のAndroid機も同様のボタン配置のものが多いようだ。


【3】防水対応の弊害
iPhoneはコネクター類がむき出しになっていて、細かいことを気にする人が多いここ日本ではそれらにフタをするカバーなんてものが売られている。ARROWSは防水対応ということもあり、USB接続用のポートとイヤホンジャックそれぞれにフタが付いている。これをいちいち外すのが面倒だし、ケーブルも差し込みづらい。イヤホンコネクタがL型だと差し込む角度が制約されてしまうという不便もある。


【4】暗転する画面
ARROWSは画面ロックで表示を消した状態から、ホームボタン押しなどを経て指紋認証でロックを解除できる。しかし解除のときに一瞬の画面暗転を経て解除に至る場合がある。何が不便なのかと思うかもしれないけれど、うまく指紋を読み取れずにタイムアウトする普通の動きで画面が暗くなるときと同じ流れなので読み取れたのか失敗したのか、瞬時に判別できない。


【5】一貫性のない操作マナー
iPhoneは、画面のひとつ上位の階層に戻りたいときには画面左上をタッチして行けば良い。AndroidはアプリケーションによってiPhoneと同じマナーのものもあれば、ARROWSの本体右下の「ひとつ前に戻る」ボタンで操作するものがある。同じことをしたいのに左上と右下という正反対の位置に指を運び分けなくてはならない。


【6】ひとつの項目の機能の持たせ方
iPhoneの設定画面のひとつの項目にはひとつの設定しか持たせていない。ARROWSでも例えばWi-Fiの項目にOn/Offの設定が書かれていてiPhoneと同じように見える。ところがアクセスポイントを選ぶ項目がない。On/Offを選ぶ項目をタップするとアクセスポイントを選ぶことができる。設定項目の表示を減らすという観点では効率的だけれど、ひとつの項目にOn/Offのスイッチとアクセスポイントを選ぶボタンの役割を持たせており、設定項目の意味合いが広すぎてどう使うかのイメージが瞬時には理解できない。


というように、ちょっと機転を利かせたり、慣れたりすることによってカバーできる範囲なので絶望的に使いにくいとまでは言わないけれど、ひとことで言うとAndroidは洗練されていない。余談ながらアプリケーションの削除を通常の設定画面からできないものがあり、アプリを削除するためのアプリがあるのには笑ってしまった。野暮ったいです、ホントに。こういうレビューをほとんどネット上で見かけないにが不思議なほど両者のユーザーインターフェイスには大きな差がある。


僕はパソコンはWindowsしか使ったことがないんだけれど、パソコンにおいてもMac OSユーザーから見るときっとWindowsは野暮ったいんだろうな、とAndroidをいじってみて思ったのでした。

「幸せへのキセキ」

幸せへのキセキ

キャメロン・クロウ久々の作品をようやくWOWOW録画で鑑賞できた。

冒頭の息子が語る父親のシーケンスから、キャメロンらしいユーモア全開。

実話が元になっているので、恐らく無数にあったであろう苦労話が沢山出てくるのかと思ったらそこはあまり前面に出さず、親子関係、動物との向き合い方を中心に描く。ところどころホロっとさせるところもキャメロン・クロウらしい。

「ザ・エージェント」(こういう間違った変なタイトルは本当はカンベン)、「あの頃、ペニー・レインと」など、人の優しさに溢れた映画を作らせたら右に出る者がいないキャメロン・クロウの本質はここでも変わらない。

冷静かつ分析的に観ると話は甘いところだらけである。でもキャメロン・クロウの映画は一種の大人の御伽噺なんだからそれで良いんです。

「Why not?」の使い方はじめ、気の利いたセリフの使い方もこの監督ならでは。

安定した演技のマット・デイモンはもちろん、2人の子役の素晴らしさが映画の印象を更に高めている。個人的に、普通の女の子の役を演じさせた方が魅力的なスカーレット・ヨハンソンが高得点。

「さあ、明日からまたがんばるぞ」と思える映画はいいです。

(2014年7月12日 2度めの鑑賞)

1年ぶりに2度めの鑑賞。

キャメロン作品は、一貫していますね。

[1] 何かしらにチャレンジしようとしている。
[2] 周囲にいる人が反対しつつもその人のことを想っている。
[3] メッセージを込めたキーワードがある。
[4] 人というものは根は善意を持っている
[5] これらをべったり情念的には決して描かない

まあ、生ぬるいとかいう人もいるわけですが、それはあっさり魚介ダシのラーメン屋に行って「エグさや濃厚さがない」と言っているようなもので来る店を間違えているとしか言いようがない。たとえばこの映画に対して「家族を描いているというのならファミリー・ツリーのようなものこそリアルというもの」という批判をする人がいて、まさに牛丼屋に入ってラーメンがない的なズレた物言いでしかない。

僕はよく厳しいと言われる。仕事も厳しく接しているつもりで、部下に要求しているレベルも高い方だと思う。それはサラリーマン人生を生き抜くために必要だと思っているから。

でも、生ぬるくても「人生、こうであってほしい」という優しさに満ちている話は、僕の本音を表していて好きです。

もちろん「ファミリー・ツリー」もとても良い映画です。でも両方楽しめることの方が大事なんじゃないでしょうか。

オー・グー・ドゥ・ジュール・ヌーヴェルエールで記念日

オー・グー・ドゥ・ジュール・ヌーヴェルエール

結婚3周年を迎えました。

歳はもう45なので、若い夫婦の3周年とは違うかもしれません。

まだまだ、これからの方が遥かに長く、きっと苦しいことも沢山でてくるんでしょうが、現時点では楽しい毎日を過ごせています。

正直なところ、僕は気難しいところがあるのでどんな女性でも合うということはないと思っていて、そんな僕に自然についてこれるパートナーを見つけることができたのは本当に幸運だったと思います。

晩婚とはいえ、これからの人生もまだまだ長い。だから嫁さんとまだ沢山人生を楽しめるのが楽しみ。

さて、記念日のお祝いに選んだのは丸の内のオー・グー・ドゥ・ジュール・ヌーヴェルエール。

ここの特徴は、リーズナブルな価格設定でポーションは控えめ、味もまずまずと言ったところ。小さな不満としては料理が出てくるのが遅いこと(4時間15分のディナーだった)とグラスワインの選択肢が少ないこと(赤白3種類)ことくらいでしょうか。

ロケーションとあまり堅苦しくない雰囲気もいいのでまた行ってもいいなと思えるレストランでした。

該当の記事は見つかりませんでした。