FC2ブログ

Enjoy Life, Enjoy Hobby

趣味の人生を楽しむサラリーマンの日記

ピアノ・レッスン 第79回


3月に迎えるはずだった初めての発表会が、仕事のトラブル対応で参加できませんでした。次の機会の予定がなかったものの、11月15日に発表会のチャンスがあると先生から紹介いただいて、参加することになりました。演目は、前回弾く予定だった「月光」第1楽章。

というわけで、残り1ヶ月半というわけで今回のレッスンは「月光」の復習を。

とはいえ、ピアノの前に座るときには必ず通しで1回弾いていて、それも2年以上続けているので流石にもう暗譜しています。実はこれ、結構落とし穴がありまして、あまり考えなくてもなんとなく弾けるので運指を考えずに体が動いてしまうが故に、あるところで急に頭が白くなると、譜面を見て復帰できない。基本、暗譜しているとはいえ、もう一度運指をしっかり意識して練習する必要があります。

あとは強弱を含めた表現をどこまで引き上げることができるかどうか。すでに先生から何度もポイントを教えていただいているので、この点もある程度押さえてあるつもりです。久しぶり(8ヶ月ぶり)に先生の前で通しで弾いてみます。

基本的にはOK、綺麗に弾けているとのこと。更に良くするポイントとして4つを教えていただく。

[1] 右手の最初の1音目を沈めない
右手第1音がハッキリ出すぎ、沈めすぎ。この曲の静謐なムードが台無しになってしまう。一方で弱すぎて音が出ないのも致命的なミス。この曲の第1アクションは、この右手のソ、左手ドのオクターブ2音、そしてそれ加えてペダルを踏むという3つの行為から始まる。すると「せーの」という感じどうしてもはじめようとしてしまい、いきおい右手のソも強めに出てしまうというわけです。これの対策として、ペダルを最初から踏んでおいて、右手に意識を集中させるという方法。確かに右手を弱く始めることに意識を集中しやすくなりました。

[2] 5小節目で左手のコード、右手下がって最初のミの音を沈め過ぎない
ここは最初に音が大きく切り替えるポイントであり、序奏からいよいよ主題に入るとい区切りのポイントであるため、ついドーンと沈めてしまう。特に左手はソのオクターブ2音からドソド3音へ右に移動するため、一度鍵盤から手を持ち上げて押さえるから、ついつい力が入ってしまうところ。左手移動時に上に手を持ち上げず、右横に滑らせるようにズラすことで、バーンと沈み込にくくなるとアドバイス。もし可能であれば右横にズラすときにソの音を押さえる指を変えて押さえ続ける(音の連続性が保たれる)というテクニックも教えていただいたものの、ここは少々ハードルが高そう。

[3] 39小節目でペダル抜きを入れる
32小節目から右手が上昇、それが終わると下降していくこの曲最初の展開部、下降しきったあとにある聴かせどころでペダルを踏みっぱなしで弾いていたので、そこは抜くようにとのこと。音の濁りが抜けてスッキリ聞こえるようになる。

[4] 最後から2小節目、左手の抜き方
最後から2小節目の左手は、とにかく弱く、いかにしっとりと収めるかがポイント。これがなかなかうまくいかない。最後のドの音に辿り着くまでに小手先ではなく、肘から左に移動させながら最後のドに辿り着く方が弱く弾きやすいとアドバイス。また、終結に向けてペダルを抜いてから最後にまた踏むタイミングが早すぎて音が濁っていること、最後のドを弾いてから再度ペダルを踏むと良いことを教えていただく。

表現をより良くするポイントを更に教えていただいて更に完成度を上げることを目指し、発表会に向かうつもりです。

ちなみに、真剣に集中してこの曲を弾くのは2回が限界です。弱音表現を中心に全神経を集中させて7分間弾くという行為はそのくらい大変なことで、この日の約50分のレッスン終了後は膝がガクガクしていました。こんなにゆっくりと指を動かす静かな曲、ピアノを弾いたことがない人から見て、誰でも弾けるんじゃないかと思えるような曲も、一定以上の表現力で弾こうとすると初心者は全力で集中しなくてはならないのです。

でも努力の甲斐あって、曲の表現力は確実に上がっています。以前はCDで聴く曲と自分で弾いた音を聴き比べたら同じ曲には聞こえませんでしたが、今は一応同じ曲に聴こえるようになりました。現在の自分には、これ以上、大幅な全体の底上げをしようとするとあらゆる面を向上させなくてはならず、それはさすがに難しいので、今回先生に教えていただいた4箇所をしっかり身に着けて仕上げるつもりです。


ピアノ・レッスン 第78回

前回譜読みしたチェルニーOp.821-No.7・8の前半から。

駆け上って行き、そして下っていく右手がポイント。左手の伴奏はそれほど難しくないものの、右手に集中ていると押さえが疎かになってしまうので集中力が必要です。自己採点では80点くらいはできるつもりだったのに、先生の前だと50点というお粗末な結果に。さすがに、もう3年以上教えていただいているので先生の前だから緊張している、というわけではないんですが、人に聴かせるという行為はそれなりに緊張するものであることは何年やっても変わるものではなさそうです。

下降メロディのところは、右手1番~3番のところと1番2番のところがあり、手の向きをあれこれやりくりしたくなってしまう。そこは向きを変えず、手首固定のまま移動させる方がスムーズに回せるとのアドバイス。たしかにこちらの方が安定しそうです。あとは前半最後の8小節目締めの部分で一度手が止まってしまうため、手の位置をあまり移動させずにそのまま奥目のところで弾くとスムーズに行くとアドバイスをいただく。

ここでいろいろ相談しているうちに、「そういえば月光のときも流れが途切れるところがあって」と相談が発展。あの有名な旋律「タ~ンタタ~ン」は右手小指だけで同じ鍵盤を打鍵するわけですが、実際に弾いているところを見ていただいた結果、ここが途切れ気味になってしまうのは、指を鍵盤から離して1音ずつハッキリと弾こうとしているからであるからであると教えていただく。あまり鍵盤から指を離さず、しっとりと音を続けるのがポイント、と教えていただいたからと言ってすぐにできるようになるわけではないんですが、レベルを上げるための手法を教えていただくと、今後の練習の方向性が見えるため、とても有益です。

ショパンの「遺作」は、52小節目からの指の進め方の確認を。
ショパン遺作20200822

この部分はタメるところと走らせるところのポイントを掴まないとムードが出ないので、そのポイントを教えていただく。それがまた難しいわけですが、そこに更に左手を加えるともうわけがわかりません。縦の線(右手と左手のリズムの合わせ)がズレていないのにこの部分はとても難しい。ここはじっくり繰り返して練習するしかなさそうです。

ピアノ・レッスン 第77回


前回レッスンから3週間、一番時間をかけて練習してきたチェルニーOp.139-No.15から。

目まぐるしく音階が展開していくこの曲、なかなか頭と指がついてこないもので、かなり時間をかけて練習してきました。そのおかげもあって、終盤のテンポがやや遅いことと、タッチを抑えるポイントの指摘はあったものの、その場で修正してすぐに合格印をいただく。

ちなみに、なぜそんなにこの曲を練習を一生懸命してきたのか。自分にとってややハードルが高く、そうかといって挫折するほどは難しくない。また、曲として聴いていて気分が良いという点も大きなポイント。目標設定としてやりがいがあって、好きになれる曲が、やはりピアノ習得には大事であるということを実感しました。弾けるようになったときの満足感も高いので、大人初心者は練習曲との出会いは重要ですね。


チェルニーOp.821-No.7・8へ。
チェルニーOp821-7-8-1

ここまでのチェルニー、ほとんど譜読みに苦労しない曲ばかりでしたが、この曲は一見しただけでは動きがわからないので譜読みをしっかりと。テケテケテケ上り、下る右手の指の運びを確認。左手は4番の指の残し方と離し方がポイントで、実は過去にもあったパターンの指の動き。この日は4小節目までの譜読みまでを確認して終了。

ショパン「遺作」は後半の46小節目から。52小節目からがまた難所なので念入りに確認。
ショパン遺作20200822

右手は指の運びも去ることながら、一定の音符の長さではなく、長さがが2度変わるところが難しい。時間をかけてやってはみるものの、リズムの溜めと進め方がなかなか掴めない。先生のデモ演奏を動画に収めて自宅で練習することに。ここに左手を加えなくてはならない、しかも2小節の間に同じのでしばらくこのパートのマスターには時間がかかりそうです。それにしてもショパンの曲は、ベートーヴェンと比べると指の運びやリズムの取り方がトリッキーで、しかしながらそれ故に曲として流して聴くと独特の響きを持っていることが、こうして弾いてみるとよくわかります。初心者としてピアノを弾いてみるだけで曲への理解が深まるというのは実に面白いものです。

最後は、ゆっくりマイペースで取組中のベートーヴェン「テンペスト」第3楽章16小節目まで。間違った弾き方をしていないかの確認。読み違い1箇所を修正。8小節目からは左手と右手が連続的に音を連ねるようになり、そうした曲を弾いたことがなかった僕にはここをある程度のスピードでつなげていくことはかなりハードルが高い。というか、もともと初心者が取り組むにはあまりにもハードルが高い曲。時間をかけて少しずつ、ということはこの曲に取り組むときに決めていたことですが、果たして本当に弾けるようになるのか。今のところ、この先に弾けるようになるイメージが湧きませんが、あせらずじっくりやっていきます。

ピアノ・レッスン 第76回


2種連続のレッスン。相変わらず仕事に追われていたせいで練習できたのは2時間程度の準備で臨む。

チェルニーOp.139-No.15から。

前回指摘事項だった、強弱の表現の部分に気をつけながら進める。自分でも改善できているとは思っていたんですが、先生からも合格点。先生からポイントと言われていた右手上昇下降の強弱をしっかり押さえていたところについては「とても綺麗に弾けていますね」とお褒めの言葉をいただく。前回譜読みした16小節目までは、たどたどしくでも弾けただけで今回は良しとする。

17小節目以降から最後まで譜読みを進める。左手がアルペジオで、右手がメロディに切り替わるものの、ここは練習を重ねればなんとかなりそうな感じ。四分音符が4つ淡々と続くところで、譜面では3番2番3番2番の指定になっているので「どうしてなんですかね?」と尋ねると、1本の指でもちろん弾けるんだけど、曲として音を乗せていくときは指を入れ替えた方が自然というのがピアノが弾ける人の感覚だそうです。そう感じていない、1本の指の方が弾きやすいと思ってしまうところは、習い始めて3年とは言え、改めて自分は初心者なんだなあと実感します。

次はショパンの「遺作」。

7小節目の右手のリズムの進め方に違和感があるので確認。ドの音のタメが少ないことが判明、しかし一度ついた間違った癖をを払拭するのは容易ではなく、なかなか直せない。家で練習し直しです。

一気に音を下るカッコいいパート、15小節目と48小節目。音の並びは同じでリズムパターンが違うだけのところをそれぞれ確認。こちらも、最初に覚えてしまった15小節目の癖を抜くのが大変です。あとは52小節目まで譜読み。その52小節目がまた馴染みにくく、リズムの流れを押さえるのがまた難しいです。

流石に前回レッスンから一週間では、目立つ進歩は少なく、今日まで弾いた部分も精度を上げる練習をしていかねば、です。

ピアノ・レッスン 第75回


一時期ほどではないにしても、引き続き仕事が忙しく、今回も練習不足。

チェルニーOp.139-No.15。

前回は自主譜読みで音だけ取った状態でレッスン、強弱のポイントをまるで考慮していない均一で平坦な音でなんとか音をなぞっていた。先生が、曲の表現を押さえて演奏すると、大げさではなくまったく違う曲に聴こえてくる。それを意識して、今回は弾いてみる。

出てはいけない3連符の最後の音、出さなくてはいけないメロディラインを形成する4連符の3つ目の音。ここを重点的に気をつけつつ、全体を流してみると、先生の演奏とはまったく違う曲に聴こえていたものが、一応同じ曲なのかなと思える程度にはなりました。譜読みしたところまでの流れと表現に重点を置いたレッスンとなったわけですが、この曲の練習のポイントはまさにそこであるとのこと。指の動かし方が難しいわけではなく、曲を曲らしく弾けるようになろう、というのは結構ヤル気になれます(僕の場合)。

次はショパンの「遺作」。

この曲、ステイホームの時期も自習してきて、45小節目までを5ヶ月くらい取り組んできました。自己練習だけやっていると、なんかおかしいなと違和感を抱きながら、しかしそうかと言ってどうやって演奏すれば良いのかわからない、というところが出てきます。というわけで、今回はそこを重点的にレッスンすることに。

具体的にはトリル部分に違和感が。先生と話し合いながら、どこがおかしいのかと詰めていく。トリルはゆっくり始めてスピードを上げて少しまたスピードを落とす。それでも先生のような滑らかさがないのはなぜかを話し合って詰めていくとトリルの最後の音をきっちりと出しすぎていることに自分で気づきました。これには理由があって、左手と合わせる必要があるのでついついハッキリクックリやってしまっていたというわけです。

自分で違和感があるところを相談すると、先生、意外やすぐに答えが返ってこない。横で、自分の頭の中で考えながら手を動かして一緒に考えてくれます。当たり前ですが、先生は綺麗に弾けてしまうわけで、なぜ初心者の僕が躓いているのかがすぐにわからず、一緒に悩んで考えてくれて、アドバイスをくれるのです。本当に素晴らしい先生で、おかげで僕のピアノレッスンはいつも楽しいものになっています。感謝する他ありません。

その後、ようやく先に進めるべく46小節目から譜読み。
ピアノレッスン202007-01

最初の部分と似たような進みですが、聴かせどころの一気に加下降するところが、音程の並びは一緒ながら、3連符3連符2連符から3連符2連符3連符の並びに変わっていて、実は左手と合わせるという意味ではこちらの方が簡単なのに、これまでの練習で身に付いてしまったリズムパターンと違っているせいでうまくできないという難所になってしまいました。これもまた練習あるのみです。

余談。
ベーゼンドルファー202007

昨日、銀座の山野楽器にぶらりと寄ったときに店員さんの厚意でベーゼンドルファーを少し弾かせていただきました。ポルシェ911が買えるお値段のグランドピアノです。「月光」を弾いてみました。とにかく音色が美しい。濁りが一切なく、それていて単純に綺麗な音でない深みとがあり、あまりにも素晴らしい音色に、自分の指から出ている音だということを忘れて感動していしまいました。完璧に調律されたコンディションであることも重要な要因だったようです。初心者がピアノを弾いて、至福の時間に浸れるという貴重な経験をさせていただきました。

このカテゴリーに該当する記事はありません。